<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

上勝晩茶の飲み比べ会

タイトルとは、全く関係ないのですが…。

朝うどんって、変なんですか?

b0224470_15255345.jpg


香川が近いからなのか、徳島にもたくさんのうどん屋さんがあります。
私が高校生の頃は、放課後毎日のようにうどん屋さんに行っていました。
安いし、おいしいし、おなかいっぱいになるし…。

今でも、市内にはどんどん「うどん屋さん」が増えています。
朝早くから開いているお店も多く
徳島市内に泊まった日や、県外から宿泊してくれた友人などの
朝ご飯は、決まってうどんを食べに行きます。

「朝からうどん?!」
と驚かれることや、新鮮に感じてもらえることがあるのですが
私にとってはお決まりのことで…。
朝から写真のような量を食べる自分の胃袋にも驚きますが
「朝うどん」って結構珍しいのか?と思い、書いてみました。どーですか??
(ちなみに、「わかめの天ぷら」はめっちゃおいしい!!!!)






さて、では本題に。
このブログでも何度かご紹介している「上勝晩茶」。
7月はこのお晩茶作りが盛んな時期で
町内のあちこちで茶葉の収穫やつけ込み、天日干しの作業が行われます。

*上勝晩茶についてはコチラ
 ・Kamikatsu de Cafeブログ「上勝プチギフトセット
 ・上勝晩茶について詳く説明されているwebページ「上勝晩茶

一口に「上勝晩茶」と言っても同じ味ではなく
農家やその年の天気などにより、様々な味があります。
酸味の強いものや色味が薄いものなどなど…。

その違いがなんとも興味深く
以前から「晩茶の飲み比べしたいねー。」という話がありました。
なかなか実現できずにいたのですが
今回、上勝の紙新聞「かみかみ。」の夏号が晩茶をテーマとしているので
この機会に飲み比べをやろう!ということになりまして
「かみかみ。」編集部主催
「上勝晩茶飲み比べ会」を開催しました!


b0224470_10413691.jpg



今回用意された晩茶茶葉は13種類。
農家や地区、保存状態の違いなど集められたものです。
飲み比べは「香り」「色の濃さ」「酸味」「味わい」などの項目で
最初に飲んだお茶と比べていきます。

b0224470_10413840.jpg


当日は上勝晩茶に興味津々な10名の他、心強い助っ人が参加してくれました!
日本茶インストラクターのKさんです。
晩茶の正しい抽出の仕方や、味の違いの理由を
いろいろと解説してくださり、より深く上勝晩茶の違いに触れることができました。

b0224470_10414123.jpg



13種類の晩茶を飲み、お腹はもうたぷたぷ。
それでも、晩茶はついつい飲んでしまうから不思議です。

今年も、上勝晩茶の新茶ができあがりました。
今年は、どんな出来でしょうか。晩茶の魅力は底なしです♪

RDND あずま
[PR]

by oto-pjt | 2012-08-31 11:06 | 上勝らいふ  

2012年 上勝町夏祭り

b0224470_164117.jpg


タイトルとは似つかわしくない写真。
こちら、上勝町夏祭り実行委員会のミーティングが始まる前の光景です。
みなさん、お疲れのご様子…。
それもそのはず。みなさん、お仕事終わりで
この後、夜の10時過ぎまでミーティングをするのです…。

毎年、7月の最終週か8月の1週目に、上勝町の町内夏祭りは開催されます。
それに伴い、約2ヶ月前から発足する「夏祭り実行委員会」。
今年も毎週集まって、夏祭りのプログラムを考えたり
看板を描いたり、チラシをつくるため広告金をお願いして回ったり
電気配線や当日の夜店の調整等、準備をしました。


上の写真は本番1週間前。
これまで考えてきたプログラムのリハーサルをする日です。
b0224470_16411454.jpg

↑射撃ゲームの的。段ボールで作ります。
夏祭りで使われる備品や舞台装飾はほとんど全て手作り。

b0224470_16422467.jpg

司会も、言わないといけないことや、ボケとツッコミの感覚を練習。
赤ペンが増えていきます。


ただの夏祭りじゃないのが、上勝の夏祭り。
ゼロ・ウェイストを目指す町なので、夜店で買った商品は
できるかぎりリサイクル食器を使う事を、参加者にお願いしています。

リサイクル食器は事前に煮沸消毒が必要。
この暑い中、煮えたぎるお湯にカップやお皿を入れ
乾燥させるため、並べて行きます。
b0224470_1643047.jpg

b0224470_1643993.jpg




本番前日。
朝早くから夜にかけて
b0224470_1755558.jpg

やぐらを立てたり

b0224470_17241428.jpg

プログラムで使う衣装や装飾を作ります。

夜はみんなで前夜祭!
b0224470_16435528.jpg

食事も実行委員会メンバーで用意。


そして本番当日。
b0224470_16452484.jpg

子ども達のつくるシャボン玉が夏空にうかびます。

b0224470_16451445.jpg

本番前に腹ごしらえをする実行委員。
私は、緊張のせいで全く食欲がなかったです(笑


そして本番!!
2ヶ月かけてきたものの集大成!
b0224470_1646580.jpg

もち投げや、◯×クイズ、狙撃大会、高枝ばさみ競争などなど…。

そして阿波踊り。
b0224470_16461081.jpg


最後は花火でしめ!
b0224470_16475678.jpg



全てのプログラムが終わった後、
会場からは「ありがとー!楽しかったー!」の声。

なんだろう…。
久しぶりに、一つのことをみんなでやり遂げる
達成感を感じて泣きそうになりました。


準備の段階で、仕事終わりで疲れている中
プログラムそれぞれに、どうしたら上勝らしさを出せるか
また、上勝が大切にしているものをどのように表現するかを
考えている人たちがいること。
私は、この町で生まれて、戻ってきてよかったなーと思いました。








b0224470_16471838.jpg

「自分の子どもたちにも、この夏祭りを受け継ぎたい。」
という実行委員長の気持ち。

惚れます。


RDND あずま
[PR]

by oto-pjt | 2012-08-06 17:18 | 上勝らいふ  

メニュー試作

上勝に来て、上勝でどんなものが食べたいか。
また、上勝に住んでいる人は、どんなものがほしいのか。

いろんな人の顔を思い浮かべながら考えてます。
メニューって、難しいなぁ…。

今日はトマト煮込みハンバーグとミネストローネスープを試作。

b0224470_14173496.jpg


b0224470_14174115.jpg


もっとがんばらねば。


RDND あずま
[PR]

by oto-pjt | 2012-08-06 14:20 | Cafe計画  

すだちを、生ける。

たまたま本屋さんで見つけた本。

b0224470_11345083.jpg


日本を知る105章 -105 Key Words for Understanding Japan」。

「いき」や「文楽」、「桜」などの他
「幕の内弁当」、「パチンコ」など
多種多様な日本を知るためのキーワードを
白洲正子さんや松田修さんなど
約40名の方々が、独自の視点で解説している本です。

b0224470_11333128.jpg

「田んぼ」のページ。

b0224470_1120953.jpg

英語ページ。

この本は、日本語と英語の両方で書かれていて
海外の方に日本のことを理解してもらう本としてはもちろん
日本人が、日本について知るためにとても興味深い本です。
知らないことばかりで、本当におもしろい。

ただ単なる辞書みたいなものではなく
筆者がそれぞれの考えと資料を元に書いているので
詩集のようでもあります。それがまた、とても楽しいです。




この本に登場する「生け花」。
白洲正子さんによって書かれたページなんですが
これを読んで、無性に花を生けてみたくなりました。

家に帰って早速挑戦。
見るのとやってみるのは、全然ちがう…(;゚Д゚)

悪戦苦闘しながら花や枝を
生けては、ぬき。
場所を変え、また生けて、戻す…。

ふと机の上を見ると
昨日のBeer Partyで使った「すだち」が。

あまりにもきれいで、まるまると可愛らしかったので
いくつか水に浮かべてみました。
そこに、小さな花をひとつ。

b0224470_113781.jpg



上勝の花をちゃんと「生かす」ような
生け花ができるようになりたいな。

それをカフェにちょこちょこっと飾り
その生け花を見て、カフェという限られた
空間の中だけでは感じてもらえないような
上勝の様々な風景を想像してほしい。


テーマをもって生けると、また妄想がどんどん膨らんで
おもしろい。

Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2012-08-06 11:33 | 上勝らいふ  

Beer Party with 上勝!

今年のGWに行われた「Green Drinks in Kamikatsu」。

この時、東京から上勝に来てくれた方々が
その後「上勝盛り上げ隊」というものを結成。
その「上勝盛り上げ隊」と上勝応援団RDNDが合同で企画した
Beer party with 上勝」が、8月4日に開催されました!

b0224470_1235274.jpg



この会のキーワードは
ビール、上勝町、起業、コミュニティ・まちづくり、カフェ経営
か〜ちゃんの手料理、ビールビールビール…。


となってるくらいなので、「気楽にみんなで集まって飲みましょう!」
というのが、大前提。

そこに、偶然集まったいろーんな人たちと話をしたり
上勝町とネットでつないでみたりっていう
「飲み+α」なものがあるのが特徴。
せっかくだから、飲みながら少しお勉強したり
いろんな人たちと交流しましょー!という感じです。


今回、この企画には東京の武蔵野市にある「クラフトハウスばく」さんに
ご協力いただきました。こちらは老若男女、いろんな人が
気軽に集まれる場所を提供されています。
ものづくりが得意な方の作品を展示、販売したり
おいしいランチが食べられたり、いろんなイベントも行っているようです。

 クラフトハウスばく HP:
http://crafthousebac.bake-neko.net/crafthousebac/home.html
 Facebook ページ:http://www.facebook.com/yumekouboubac


なぜ、「クラフトハウスばく」と、上勝のコラボ企画がうまれたかというと
上勝盛り上げ隊のメンバーのお母様が、「クラフトハウスばく」の
運営に深く関わっていらっしゃることもあるのですが
『上勝との共通点がある』からです。

上勝は、人口1,800人ほどの四国で一番小さな町。
それに比べ、「クラフトハウスばく」があるのは東京都武蔵野市。
東京のほぼ中央に位置し、人口は約14万人(2012.7.1)。
どこに共通点が…?

上勝町とクラフトハウスばくの共通点。
それは、どちらも「次を担う若者がいない。」ということです。
上勝のような、とっても田舎な町であっても
大都会にある団体であっても、抱える課題は一緒。
これを、共通点だととらえたところが、この企画の始まりです。

上勝も、ばくも、いろんな人に自分たちの町や活動を知ってもらいたい。
そして、より多くの人に携わってもらいたい。
そういった同じ想いをもって、この企画は生まれました。



当日、会場集まったのは約30名。
上勝町とはネットで繋ぎ、上勝の紹介をしたり
互いの意見交換をおこないました。
b0224470_1249171.jpg


上勝やばくの紹介を聞いたあとは
上勝産の野菜を使った料理を食べ
おいしいお酒を飲み、みんなでワイワイ。
b0224470_12511515.jpg

上勝から送った野菜たち。

b0224470_12515318.jpg

上勝のお酒もお送りしました!


上勝側も、一休茶屋で買ってきた野菜とお酒でパーティー!!
b0224470_12494224.jpg

…と言っても、RDNDの戸締まり役と私の二人だけっていう…。
今度はみんなでやりましょうー!
(みんなって誰って?あなたですよ、あなた!!)



ばくで取り扱っている商品も上勝に届きました!
ぶつぶつこうかん。
b0224470_12512318.jpg



参加者から「上勝に行きます!カフェ、行きます!」と言われると
とても嬉しかったし、来てくださった方にもっと上勝の良さを
伝えられるように、がんばらないといけないなーと思いました。


この機会を作ってくれた上勝盛り上げ隊の方々、
そしてクラフトハウスばくさん、本当にありがとうございました。
これからも、よろしくお願いしますー!



Terumiii 改め RDND あずま
[PR]

by oto-pjt | 2012-08-05 13:33 | 上勝らいふ