<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

上勝プチギフトセット

「お世話になった方々に、上勝のものを送りたい。」
そんな有難いお話をいただいて、上勝プチギフトを用意させてもらいました。

一つは、上勝といえばやはりコレ!『上勝晩茶』です。
今回は紅茶のパッケージのようなデザインにしてみました。
b0224470_2244699.jpg


晩茶は緑茶やほうじ茶、また普通の「番茶」とも違うお茶です。
違いは茶葉を漬け込み、後発酵させるという独特の製法にあります。
b0224470_7113826.jpg


年に一度、夏の暑い時期に山の斜面に生えているお茶の木から
茶葉を収穫し、茹でて、擂って、木桶で漬けこみ、天日干しにします。
お茶の木は、静岡で見られるような茶畑になっておらず
山のあちこちに自然に生えているので
茶木の場所をおばぁちゃんたちに教わりながら収穫します。
b0224470_7121971.jpg

天日干しの様子。


晩茶の詳しい歴史と作り方はこちら:上勝晩茶

手間暇かけて作られた晩茶。
甘酸っぱい香りと、すがすがしい酸味があり
初めて飲んだ人は、「今まで飲んだことがない味!」と驚かれることが多く
このお茶にハマる方も多いです。

地元では毎日のように飲んでいるお茶で
私は中学生くらいまで緑茶を晩茶だと思っていて
初めて緑茶を飲んだとき、いつも飲んでいる晩茶と味が違いすぎて驚きました(・。・)

そんな晩茶を、今回はお茶の香りをそのままに
またお湯を淹れたときのお茶の色や、茶葉の広がり具合を
見ていただきたいので、そのままの状態でパックさせてもらいました。
2011年の新茶です!

b0224470_2243162.jpg

ラッピングはこんな感じで。



もう一つは『晩茶お茶漬けセット』。
晩茶をどんな風に楽しんでもらいたいか考えた時
そのまま淹れて、お茶菓子と飲むティータイムを
エンジョイしてもらいたいなーと思っていました。
ですが、上勝に来町された方とお話している中で
「ここの晩茶はお茶漬けに合う味ですよね」とおっしゃっていたので
晩茶茶漬けを楽しめるよう、上勝素材を集めてお茶漬けセットを作りました。
b0224470_225011.jpg


セットの内容はこちらの通り。
・2011晩茶
・すだち(もしくは、ゆこう)
・上勝のおばぁちゃんが漬けた小梅
・上勝の椎茸で作った椎茸だし
・上勝町と晩茶などのパンフレット

■小梅と椎茸だし
小梅と椎茸だしは小瓶にパック。
b0224470_2243936.jpg


椎茸だしは、上勝産しいたけを干し、粉末にしたもの。
お茶漬けだけでなく、お吸い物や
ちょっとしたお料理の隠し味に使ってみてください。
(私はチャプチェに入れたんですが、おいしかったですよ^^)

■すだちとゆこう
すだちは徳島県の特産物のひとつ。
皮を薄く切って刻み、お茶漬けに添えると、とてもいい香りがしますよ。
その他、焼き魚や刺身にはもちろん、輪切りにして紅茶にうかべる
「すだちティー」、カルピスに絞って「すだちカルピス」などの楽しみ方もあります。
私はライムの代わりに、ジントニックに絞って飲むのが大好きです。(へへっ。)


「ゆこう」というものを、初めて聞いた、見たという方もいらっしゃるかもしれません。
b0224470_7511178.jpg


ゆこうは、柚子よりもひとまわり小さく、すだちよりより酸味が少ない柑橘です。
徳島県内でも、一部の山間地でしか栽培されていません。
上勝町のゆこうは、県内総生産量の半分を占めています。

ゆこうは、ハチミツとお水と合わせてドリンクを作ったり
お寿司のお酢に一緒に混ぜたりすると、おいしくいただけます。

b0224470_22457100.jpg

おばぁちゃんに手伝ってもらいながらラッピング。




喜んでもらえるかなぁ・・・。



上勝を少しでも感じてもらえれば、と思います!




Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2011-10-31 07:54 | Cafe計画  

石臼珈琲を淹れてみました。

前の記事で、「上勝でできることを作る」と書きましたが
その第一弾として、石臼で珈琲を挽いてみることにしました。

お邪魔したのは、ここに来れば1日は軽く過ごせるというほど
いろいろなものが体験できるのぼさん宅

石臼珈琲の前に竹筒カレーづくり!
囲炉裏で竹筒に入れたお米を炊きます。
b0224470_8363628.jpg

ふ~ふ~。

b0224470_8595676.jpg

みんなで、ふ~ふ~ふ~。

b0224470_901262.jpg

竹筒の断面からは水がブクブク。おいしいごはん、もうちょっと。


b0224470_842074.jpg

炊きあがり!ご飯つやつや。いい香り。
大きめの竹筒だったので、一度に4合のお米を炊くことができました。

b0224470_8362951.jpg

カレーはちょっと変わったカレールーを持ってきていただきました。

b0224470_90296.jpg

お惣菜は持ち寄りで。いただきます!

ご飯といい、手作りお惣菜といい、おいしかったなー。



そしてメインの石臼珈琲づくりへ。
b0224470_8421084.jpg


b0224470_8413583.jpg

重いハンドルを精一杯の力で回しております。

b0224470_8421463.jpg

挽いた豆は、とても細かくなり淹れると苦味が強かったです。
そのまま飲んでもいいけれど、珈琲ゼリーにしたり
アイスコーヒーに使うといいかもしません。

石臼に入れる豆の量を多くしたり、挽くスピード早くすれば
もっと荒挽きになって普通に挽いた豆と同じくらいになるかもしれませんね。


石臼のハンドルを回す感覚や音、徐々に出てくる珈琲豆の香りを楽しむにはいいかも。


今回ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!
これからも、上勝でできること増やしていきたいですね。


Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2011-10-19 09:09 | 上勝らいふ  

そうだ上勝へ行こう!ツアー

以前このブログでもご紹介したパウゼさん。
今年で20周年を迎えるということで、いろいろなイベントが企画されています。
(詳しくはこちら:CAFE DE PAUSE

その中の一つ「そうだ上勝へ行こう!」と題されたツアーが昨日開催されました。
参加者は10名。鳴門や阿南、徳島市内から参加されていました。
私も、地元民ではなくお客として上勝を体験してみよーと思い、参加させていただきました。
パウゼさんランチが食べたかったっていうのが、一番かもしれませんが(笑)


昨日は秋晴れ。上勝の自然をより一層体感できた気がしました。
b0224470_7571595.jpg


日比ヶ谷ごみステーションを見学し、くるくるハウスへ移動。
b0224470_7565882.jpg


くるくるハウスは、「泊って”上勝暮らし”を体験できる空間」として運営されています。
一泊2,000円(1時間500円で借りられる)で宿泊できちゃいます。
私自身、ここにちゃんと入るのが初めてだったのでウキウキ。

b0224470_7575873.jpg

ランチの準備中。木の家って落ち着きますねー。

そしてお待ちかねのパウゼランチ!!
b0224470_825741.jpg

3種類のサンドとサラダ、飲み物。

超絶おいしかった…。毎日食べたい…(笑)

デザートも、もちろんパウゼスイーツ。
b0224470_844954.jpg

フルーツパウンドケーキでした。幸せ。
上勝にいて、おいしくておしゃれランチが食べれて
珈琲飲んで一服できるなんて、なんて幸せ。


ランチを終えたら次はミニ布草履づくりワークショップ!
b0224470_895893.jpg


不要になった布のリメイクとして考え出されたのが布草履。
b0224470_8121721.jpg

地元の藁草履名人に教わりながら、布を藁で編んでいくのと同じ要領で編みこんでいきます。
これをルームシューズとして使ってる方もいらっしゃいますよー。


b0224470_8172093.jpg


b0224470_8184643.jpg


自分の好きな色や模様の布を選ぶことから始まります。
いろいろな色や素材が用意されているので、この時点で迷います。
特に女子は(笑) 選ぶのって楽しいですよねー。

b0224470_8394254.jpg

ゼロ・ウェイストアカデミーのスタッフ、Nさんに教えてもらいながら
足の親指にヒモをひっかけ、選んだ布を編んでいきます。

b0224470_8195420.jpg

編み中。同じ布で全部編んでもいいし、何種類かの布を混ぜながらでもOK。

そして、1時間30分かけてやっと完成!!
b0224470_8215733.jpg

オリジナルミニ布草履です。楽しくて時間が経つのを忘れてしまっていました。

b0224470_8232652.jpg

通常サイズの布草履と比べると、これくらいのサイズ。
ストラップなどにちょうどいいくらいですね。

b0224470_8241514.jpg

みんなのミニ布草履が完成!!

b0224470_8243113.jpg

それぞれ違って、とてもおもしろい。いいお土産になりましたねー。




恵まれた天候のもと、おいしいものを食べ楽しくおしゃべりできた大満足のツアーでした。
やっぱり、ミニ布草履ワークショップみたいに
一つでも体験できるものがあれば、よりその地域に触れた感覚を持てると思いました。
私も、これから誰かを案内する時には、町内を案内してまわるだけでなく
上勝でできるアクティビティを選んでもらって、実際に体験してもらいたいと思います。
そのためにも、もっと上勝でできることを知って、もしくは作って?!いきたいです。




Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2011-10-19 08:33 | 上勝らいふ  

上勝商店街巡り -旭編-

b0224470_2282426.jpg



10月桜が咲いています。
春に咲く桜と比べたら、少し小さいなーと思っていたら
調べてみると、やはり春の桜の方が大きいらしいです。
で、10月桜は全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き
残りの3分の2は春に咲くという。2度楽しめるだなんて、知らなかった―。





さて、これから何回かに分けて上勝町内の商店巡りレポートをしていきます。

人口1,914人(2011.10.1現在)。信号機は町内に一か所。
四季折々の野菜や草花が楽しめる豊かな自然。
ごみは34分別。「いろどり」という葉っぱビジネスが有名。

…ということはこれまでお伝えしてきましたが
実際の暮らしはどうなんだ?という部分は
まだまだお伝えできていないことが多いかと思います。
そこで、「暮らし」に関する細かな情報をレポートすべく
まず始めたのが、商店巡りプロジェクトです。
上勝町商工会さんのHPでも情報が載っているのでご参照ください。



上勝町には旭、生見、福原、傍示、正木という5つの地区があります。
そして約10店舗の商店が営業しており、町民の生活を支えてくれています。

まず最初にレポートするのは、「旭地区」です。


●商店巡り -旭編- ●

■中田商店■
営業時間:何時でも居る時(要連絡)
定休日:居ない時
住所:上勝町大字旭字中村17-1
TEL: 0885-46-0147 / FAX: 0885-46-0157
主要商品:米・上勝晩茶・肥料
b0224470_2210220.jpg


お米や晩茶、肥料を扱っている中田商店さんからスタート。
急な訪問にも関わらず、「まぁ座りだ」と快く迎えてくれた
中田のおじいちゃん、おばぁちゃん夫婦。

上勝町の特産品の一つである「晩茶(ばんちゃ)。」
晩茶のことは、この人に聞けというほど晩茶に詳しい奥様。
私たちは勝手に、「晩茶ソムリエ」と呼ばせていただいております。
いい晩茶は土が違う。赤い土ほどえぇお茶ができる。
など、ずっと聞いていたいほどの楽しいお話を伺いました。
晩茶について聞きたい方はぜひどうぞ。



■たけいち笑店■
営業時間:8:00~21:00まで
定休日:年中無休 *休む時には事前告知あり
住所: 上勝町大字旭字中村16-1
TEL: 0885-46-0035 / FAX: 0885-46-0035
主要商品:食料品・酒類・化粧品
b0224470_22102940.jpg



「笑店」という店名からも伝わってくる楽しさ。
実際、ここの店主であるご主人は上勝町内で体験できる「ヤッホー体験」の
カリスマ認定士で、お店の主要商品にも「パンツからドンぺリまで!」と掲げるような
ユニークな感覚をお持ちのムードメーカーさんです。

b0224470_81987.jpg

冷蔵庫の中には「予約品」というスペースが設けられていて
お客様から依頼された商品は取り置いておいてくれます。


■堀田酒店■
営業時間:7:00~21:00まで
定休日:不定期
住所: 上勝町大字旭字中村79
TEL: 0885-46-0150 
主要商品:酒・食料品・日用品
b0224470_22121446.jpg



いろいろなお酒が揃う堀田さん。
お酒だけでなく、さつまいもやみかんなどは量り売りしてくれます。
b0224470_2283874.jpg


「昔はお酒の瓶担いで、山の上の家まで届けに行たんでよー。
ほら、汗と涙が一緒になって顔流れよったわ。
子どもも家に置いとけんけん、一緒に連れていくんやけどな
ほらかわいそうだったわよー。」

というお話も聞きました。
今では想像できないようなことですよね(・_・;)
私なら出発して3分で帰ってきそう・・・(笑)


■大城商店■
営業時間:7:00~20:00
定休日:不定期
住所:上勝町大字旭字中村75-2
TEL:0885-46-0253
主要商品:食料品・日用品
b0224470_2210591.jpg


お店の垂れ看板がかっこいい大城商店さん。100年続く老舗です。
お店に入ってまず目についたのが、缶オープナーの箱。
b0224470_2292640.jpg

なんともかわいらしい。古かわいい。

b0224470_22124037.jpg

この日同伴してくださった、地職住推進機構のSさん。
各商店にセミナーの案内をされてます。

■亀井商店■
営業時間:
定休日:不定期
住所:上勝町大字旭字中村76-1
TEL:0885-46-0258
主要商品:たばこ
b0224470_2281316.jpg


明るい奥様が迎えてくれる亀井商店さん。
少し雑貨も扱っていますが、たばこがメインとのこと。
スモーカーには必須なお店ですね。
「たばこ」の看板がまた古かわいかったです。
日本の古いデザインって、とても愛らしいですねー。







以上5店舗が旭地区にあるお店でした。
3時間では足りなかったなー。
それぞれのお店に歴史があり、武勇伝があったからもっと聞きたかったです。

私が一番驚いたことは、どの商店さんも朝早くから、夜遅くまで営業されているということ。
早いところでは6時には開けるというし、連絡をもらえば22時頃まで開けているというところも。

24時間開いているコンビニではない。けれど、上勝でコンビニが必要でしょうか?

「お豆腐一丁買えんのでは、あかんでぇなー。」
と、住民のことを考えて営業している商店のオーナーさんたち。
常連さんたちの顔を思い浮かべながらお店をやっている、そんな気がいたしました。
地域でお店をするということ。それは地域の人たちに必要としてもらうこと。
そして、地域の人と繋がっていること、なのですね。


次は、福原にまいります。




========================================
ちょっぴり、おまけ(゜-゜)
■中田商店さん
旦那さんが自慢のお花を見せてくださいました。
b0224470_2293448.jpg

案内してくれる旦那さん。

b0224470_22102333.jpg

「わしより、背おきょいんじゃわだー。」  きれいに咲いて嬉しそう。


■登家商店さん
もうお店自体は営業されていないんですが、中田商店さんの隣には
「登家(のぼりや)」というお店がありました。
こちらの垂れ看板と店先にあるポストは、レトロな感じでとても趣があります。
b0224470_2293061.jpg



上勝の写真集を作りたい。古かわいいもん集めたい。
そしてガラスに映る私の足はどーしよーもないほどのO脚(笑)

Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2011-10-15 22:45 | 上勝らいふ  

ごみ分別の説明を聴く。

上勝町出身の私ですが、毎日のように状況は変わっていて
今の上勝の現状を把握するのに必死だったりします(・_・;)
昨日は、ゼロ・ウェイストアカデミーにお邪魔したら
15時から視察対応があるということを聞き、飛び入りで参加させていただきました。

「月ヶ谷」という地名の由来から始まり
34分別されているごみがなぜ分別が必要かということ
上勝が目指すもの、今後の展望まで。
約2時間という時間でしたが、内容が濃くて時間の長さを感じなかった。
めちゃめちゃ勉強になりました。

b0224470_7565424.jpg

事務局長さんによる説明。



くるくる工房も、いろんなものが出来てきていました!
上勝のおばあちゃんたちが昔ながらの知恵や技術を活かして、
不要になった布や綿などからリメイク商品を作り販売しています。

b0224470_7511911.jpg

きれいにそろえられたボタン。これだけでデザイン。

b0224470_751293.jpg

着物は良い生地が使われているから、とても貴重だし
捨てるにはもったいなさすぎる!!!

b0224470_8124139.jpg

グッズが増えました。


ちゃんと説明できるようにならないとね(・。・)



Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2011-10-12 08:38 | 上勝らいふ  

カフェばなし

日々、秋が深まっております。
コスモスも色鮮やかに咲いて、柿もおいしそうな色になってきました。
無花果も季節の果物として、最高ですな。

b0224470_7144096.jpg

b0224470_714661.jpg

b0224470_7141615.jpg

b0224470_7142664.jpg




昨日は上勝に移住して5年目になるという
Iターン者のTさんと、カフェのお話をいたしました。
今私たちが考えているカフェが、どんなコンセプトでどういうお店にしたいのか、など。
カフェのことについて、これまで町内在住の方と話をする機会が少なかったので
新鮮で、有意義な時間でした。
また、2児の母であるTさんには、子育ての話や
上勝の生活についてなど、たくさんのことを教わりました。おもしろかったー。



日程を調整しているときに、場所はどこにしよーかという話になり
温泉は11時からで、火曜日は一休茶屋さんもお休みなので
昨日はうちでお話をいたしました。

私はランチと飲み物を用意させてもらい
Tさんは、朝焼いたというドーナッツや和三盆糖を持ってきてくれました。
で、ざっと3時間ほどおしゃべり。
b0224470_7143216.jpg

Tさんが焼いてくれたドーナッツ。もちもち。



って。なんかカフェっぽくない?!



Tさんの話によれば、町内で話をしたい時は
自宅に招いたり、相手のお宅にお邪魔したりすることがよくあるんだとか。
そしたら、なんだかカフェみたいな空間になるんですって。

ちょっとテーブルにクロスを敷いて、花を活けてみて。
おいしいご飯と飲み物、スイーツは持ち寄りで。
ゆったりと落ち着けて、心行くまでおしゃべりできて。

十分、「カフェ」ですね。

b0224470_714156.jpg

昨日のお家カフェ。
鶏肉とブロッコリーのクリーム煮でした。
サラダは、自家製育ちざかりの大根の葉とレタスで。
パンのお皿はハスイモの葉。
これは本当になんでも使える魔法の葉っぱ。


カフェがなければないで、自分たちで落ち着ける空間を
みんなそれぞれに創り出してるんだなー。


Tさんは、将来的にブックカフェをやりたいと考えてらっしゃいます。
そんな風に、町内でいろんな種類のカフェや空間ができていったらおもしろいだろうなー。
今、「農家民宿」も増えているようだし
これからもっと、上勝を体感できる場所が徐々にできていけばいいなって思うのでした。


また、その中で自分がカフェをやるのであれば
お家カフェとは違った空間として
常にいろんな人が出入りしていて
あそこに行けば何かある、誰かに会えるという場所にしていきたいと思いました。


日々べんきょう!


これからは週1くらいのペースで、Tさんとカフェの話をしていきます。心強い!
一緒に同じことを話せる人がいるというのは、とてもありがたいですね。
よろしくお願いします!


Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2011-10-12 07:45 | Cafe計画  

どんぐり、ころころ。

朝、散歩(と言えば聞こえは優雅だが、実際は脂肪燃焼運動)をしていると
どんぐりを見つけました。


b0224470_20575688.jpg


緑色のどんぐり。落ちたばかりのようで、まだ帽子もかぶってる。
ピカピカしていて、美しかったです。

もう、秋がやってきてるんだ。冬も近いね。



Terumiii
[PR]

by oto-pjt | 2011-10-09 21:01 | 上勝らいふ